銅(Cu)加工90年。産業用電池・ステンレス(SUS)など難加工材料の複合加工

サイトマッププライバシーポリシーお取引についてお問い合わせ
 =Creative Power= HARIKI Metal Industry Co., Ltd.  胴加工90年の経験と実績!胴・ステンレス複合加工の問題解決工場[榛木金属株式会社]

トップページ > 実績

特徴業界別解決提案技術情報製品情報設備情報実績会社案内

実績

プロペラシャフトの修理を承りました。

%83v%83%8D%83y%83%89%83V%83%83%83t%83g.jpg



ペットフードメーカーさんより
お問合せいただきました
ペットフードを攪拌するプロペラのシャフトがすぐに磨耗して
変形してしまうとの事。

新品を購入すると高価な為、
シャフトのジョイント部分を改良し、
修理いたしました。

大変ご満足いただけたようです。
お役に立てて良かったです。

ありがとうございました。


銅板加工品、銅棒加工品を一括受注いたしました。

四国の電気設備メーカー様より
銅加工品一式の製作依頼をお受けしました。

写真はその中の電極部品です。
φ25のタフピッチ銅棒より
旋盤+フライス加工で製作しました。

%93d%8B%C9%95%94%95i.jpg



各種設備が整っておりますので
板、棒、ブロックからの加工に社内で対応させて頂いております。

お役に立てて良かったです。

ありがとうございました!!


新型機械部品の納入

大阪の機械メーカー様より
銅加工品のご依頼をお受けしました。

機械特性や、電気抵抗などを考慮した設計で
蛇が蛇行するような形状となっています。

%93%BA%8B%40%8AB%94z%90%FC%95%94%95i.jpg



弊社で御見積りした結果
納期面からもご評価いただき
製作と相成りました。

今後ともお客様にご満足いただけるよう
頑張ってまいります。

ありがとうございました。


大型変圧器の部品納入

2005年WEBからのお問合せより、変圧器メーカー様へ1200KVAから2500KVAまでの銅製品を一式納入させていただいております。

j_1.jpg




開発部の方から、

「手で曲げれるような銅加工品を作れないか?」

との問い合わせを頂き、試行錯誤の結果、試作品を納入し、その後量産へと発展しました。


現在では銅製品だけでなく、協力会社とのコラボレートにより、総合的な部品供給をさせて頂いております。
現在も新開発の部品の試作を担当しております。


輸送機部品の納入

2004年WEBからのお問合せから、鉄道を始め、電気自動車などのコンデンサ部品の納入をさせて頂いております。

弊社の主力は新機種(モデル)となります。

j_2.jpg



新機種は、開発→設計→試作→改良→仕様決定→モデル機製作→改良→量産機

と非常に長い工程をかけての製作になります。

途中で何度も設計変更が加えられますが、その度に大きな初期コストがかかります。


弊社の部品製作は、できるだけ既存の型などを使い、初期コストを抑える様努力して参りました。

結果、お客様にも大きなコストメリットを感じていただき、新機種は殆ど弊社で取り扱うようになってきております。
また開発時点でのご提案が出来るようになり、量産に向けてよりスピードアップできる役割を果たして参ります。


銅加工機械部品の納入

2005年WEBからのお問合せから、機械のハウジングの銅製品を納入させて頂いております。

銅加工機械部品の中で使用される銅ブスバー部品を弊社で製作させて頂いております。
多品種小ロットにも対応させており、すべてニッケルメッキもしくはハンダメッキまで行います。


エアコン部品の納入

細かな配線部品を銅板加工品で実現して納入。
2006年WEBからお問合せいただき納入させていただきました。

j_3.jpg



開発の方からのご要望で細かな形状の銅接続品を作って欲しいとの事で、製作しました。配線もしやすいように、ナット付きの製品なども製作し、非常にご満足頂きました。


電気設備部品の納入

2006年よりWEBからお問合せいただき、コンビニエンスストアに設置されている
変電設備部品の納入を開始しました。

j_4.jpg



他業者よりも対応が早いとのご評価を頂いております。
ありがとうございます。

配線の手間を少しでも無くすようねじ切り加工をして、耐食性の意味からニッケルメッキを施しております。


電力部品の納入

2004年より電力会社に最終納入される電気銅部品及び周辺部品を納入させて頂いております。

j_5.jpg




電力部品は自由化により競争が激しくなった業界の一つですが、逆に当社のような後発でも自社の強みをアピールできれば参入できるチャンスとなりました。


また一方で、電力会社は材料から厳しく審査され、それに対応できる企業しか納入できないのも事実です。
皆さんの大事な生活を基盤の電力です。
弊社もその責務に応えられるよう努力して参ります。


配電設備部品の納入

2006年よりWEBからお問合せいただき、配電設備部品の納入を開始しました。

j_6.jpg




2006年の年末に、短納期案件のため、対応できる業者が無く、お困りの時にWEBでお問合せを頂きました。

弊社がお受けして無事納入させていただきました。
以来、継続的にご発注を頂いております。


【お客様から】

コストに透明性があり、納期に対する信頼性があるとご評価をいただいております。
ありがとうございます。

今後ともお役に立てるようがんばって参ります。


電源設備部品の納入

かねてより携帯電話の中継基地に使用される銅部品を製作納入させて頂いておりましたが、それに加えて2007年より構造体などの周辺部品も取り付けたユニットとして、納入を開始しました。

部品が取りついた状態で納入いたしますので、現地での作業が効率的となり、お客様にもご満足頂いております。

ありがとうございました。



▲このページの先頭へ